センター試験廃止で大学受験が変わる

2020年から段階的に移行していく入試制度、その中にセンター試験制度の廃止があります。

センター試験は以前の共通1次試験よりも「考えさせる」設問を取り入れて
受験生の思考力も採点していくという所で一定の成果を上げていました。

しかし、現在の日本の学力は世界基準で決して高いところには達していません。
そのため、日本の学力をさらに高めようと教育制度の大幅な改編が必要となりました。

センター試験の廃止はその象徴となる出来事でしょう。

さて、センター試験廃止で大学受験がどう変わるのでしょうか?

これまでは知識や学力のみが求められていましたが
思考力・表現力・判断力が求められるようになるのです。
そのためこれまでのような暗記のみでは試験を乗り越えられなくなります。

では、センター試験に替わるこれからの新しい受験制度に向けて
何を取り組めばいいのでしょうか?

現状で日本の学力は世界基準に足りていないところがあるので
より学力を上げるための試験になるのは目に見えています。

昔の共通一次試験は「暗記+暗記した項目の再現」で解ける問題でした。
現在のセンター試験は「暗記+暗記した項目の再現+思考力」が
必要になる問題が増えました。

これからの新しい試験は「暗記+暗記した項目の再現+思考力+判断力+表現力」が
求められる試験になるのではないかと言われています。

つまり、設問に対して何を解答すればよいかを適時に判断し
適切な解答を表現していく学力が求められるということです。

これからは知識を貯める作業だけではなく、問題ごとに適切な解答を自ら判断し
採点する側を納得させることができる適切な解答を表現する力を養う作業も
必要になってくるようです。

対策としては、特に英語に注目が置かれています。
これからのグローバル化社会に向けて、英語の試験は暗記だけでは乗り越えられません。

4技能入試になり、「読む」「聞く」「書く」「話す」のスキルが必要になります。
そのためただ文法を理解して解くだけではなく、会話力が試されるのです。

そうなると、英語のリスニングやスピーキング力を高める英会話塾に
通う学生さんが今以上に増えることが予想されます。
ネイティヴの発音を聞き取れるよう耳を慣らす努力が必要です。

センター試験廃止で大学受験が大きく変わりますが
もちろんこれまでと同様の勉強の基礎は大事なので、これまでの勉強方法に
プラスアルファでこれらの学習も加えていかなければいけないということです。

これからの大学入試はたいへんですね。

これに伴い、センター試験廃止後の大学受験対策や、幼児期からの学習など
すでに取り組んでられるご家庭も多いとのことです。

イヤイヤ・・ほんとにたいへんですね。

関連記事 京都のご利益|受験・試験 センター試験廃止後の大学受験対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加