えっ?あの食品が余命を1番 縮めるってホント?【損失余命】

最近 話題の「損失余命」ってご存知ですか?

「損失余命」など いちいち気にしていてはストレスがたまり余計に寿命が
縮まるという方もいますが、WHO(世界保健機関) が出しているデータなので
信頼性はあると思います。

まず、そもそも「損失余命」とは・・

私たちの日々の生活の中で、食べ物(食材)の摂取量やある行動などで
寿命がどれだけ減っていくのかなどのリスクの算出を損失余命
WHO(世界保健機関)など各国の医療機関・団体が言っています。

簡単にいうと「縮まる寿命」を計算した平均値です。

そこで、驚きのWHOの発表している食材の損失余命
1番 寿命が縮まる食品とは?

その驚きの食材とは・・
今まで健康に良いと思っていた人も多いはず・・
まさか1番 寿命が縮まるとは!!

この発表には特に日本人が1番ビックリしたことでしょう。

ひじきの損失余命は58分!!

えっ??と驚く発表ですね!

日本人が大好きなひじきの煮物、このひじきの煮物を小鉢一杯食べると
なんと58分も余命が縮むそうです。

ひじきの煮物を小鉢一杯ずつ食べる度に約1時間も命が縮むとは・・。

ちなみにひじきの炊き込みご飯一杯は30分の損失余命だそうです。

ひじきがなぜ損失余命のリスクが高いのか?

それは、無機ヒ素の濃度がとても高いため だそうです。
肺や膀胱、皮膚などにガンを誘発するリスクが高まるそうです。

そのため、イギリスなどではひじきを食べないようにと呼び掛けているとか。

その他の損失余命については

「百害あって一利なし」と言われるタバコは
1本12分の損失余命のリスクがあるそうです。

ハムやウインナーなどの肉の加工品も大腸がんのリスクをWHOが指摘しています。

発表されている損失余命

・ロースハム1枚   19秒
・ウインナー1本   25秒
・フランクフルト1本 1分14秒
・軟水1リットル   59秒
・コーヒー1杯    20秒
・白米お茶碗1杯   39秒
気にし過ぎないようにしたいものですが、やはり損失余命という言葉がひっかかります。

ちなみに「命の源」と呼ばれている
アミノ酸は健康を維持するのに必須の成分と言われています。
健康のために、アミノ酸を意識して摂取することが長生きの秘訣でしょう。

以上、管理人のちょっと気になる健康topicsでした。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加