千本通 名前の由来は、実は恐ろしい。

千本通

北は、 京都市北区の鷹峯から

南は、 七条通を過ぎ、

梅小路公園で一度途切れますが、

JRの線路を南へ渡ったところから

再び千本通が始まり、

名神高速道路辺りまで続いています。

昭和40年代までは、

四条大宮から、 京都市北区紫野まで

市電が通っていて、

三条通から今出川通の間は、

特に賑わっていたそうです。

名前の由来は、 結構恐ろしい。

轆轤町の由来 も、

「 髑髏 」からきていて

同じように恐ろしいものですが、

千本通も似たような由来があります。

蓮台野( れんだいの )

平安時代の人々は、

※ 風葬が一般的だったそうです。

※ 死体を地中に埋めずに地上に置いて、 風化させる葬り方。

平安京の東の風葬地が鳥部野で、

西にあった風葬地が船岡山の北西にある

「 蓮台野 」と呼ばれる地域です。

その蓮台野へ死者を送る道に

” ※ 卒塔婆 ( そとば )”  を千本立てて

供養したことから、

「 千本通 」と呼ばれるようになりました。

※ 墓地などにある死者の供養のために立てる細長い木の板。

近衛天皇火葬塚

千本通3 / 京都 ブログガイド

住宅地のど真ん中に佇んでいます。

周りを住宅に囲まれ

ちょっと不思議なスポットです。

千本通4 / 京都 ブログガイド

平安の昔、 一般庶民は、

燃やすための木がたくさんいるので、

風葬が一般的だったようですが、

天皇や高貴な人物は、 火葬していました。

「 近衛天皇火葬塚 」辺りが、

蓮台野だったようです。

現在の千本通

千本通は、

京都市北区鷹峯から伏見区まで

続いている長い通りですが、

千本三条から北の印象が強いです。

現在の千本通は、

千本三条に、 三条会商店街があり、

近くのJR二条駅も、 周りの開発が進み、

住みやすい地域になっています。

千本通は平安時代の 「 朱雀大路 」 でした。

平安京のメインストリートだったので、

千本丸太町辺りには、

平安京の内裏跡の史跡が数多くあります。

千本今出川辺りは、

ちょうど西陣の西の端にあたり

京都らしい町並みも残っていて

雰囲気の良いところです。

ただ、

交通の便が、 京都市バスしかなく、

不便に感じることが多いです。

市電を廃止した後に、

京都市地下鉄「 烏丸線 」のように

なぜ地下鉄が通さなかったんでしょうか?

京都駅から中央卸売市場へ向かい

阪急大宮を通って、

北は千本北大路まで結ぶ

京都市地下鉄「 千本線 」という

路線を造っていたら

大正から昭和にかけての賑わいが

続いていただろうなー

と思います。

投稿 千本通 名前の由来は、実は恐ろしい。京都 ブログ ガイド に最初に表示されました。

Source: 京都 ブログ ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加