京都では7月にキュウリを食べない理由

スポンサーリンク



夏のサラダには欠かしたくないキュウリ、みずみずしい
冷えたキュウリはサラダにぴったり。
また水分も多く夏の水分補給に良いとされています。

そんなキュウリですが、京都の古い習わしで
「7月にはキュウリを食べない」という言い伝えがあります。

京都の7月と言えば一か月間 祇園祭が開催されます。
祇園祭と言えば八坂神社です。
その八坂神社の家紋は
「五瓜に唐花(ごかにからはな)」と「左三つ巴(ひだりみっつともえ)」です。

別名「木瓜(もっこう)」とも言われており織田信長の家紋
「織田瓜」とよく似ている、または同じという説もあり

この家紋はキュウリを切った断面に非常に似ているということで7月は
祇園祭の関係者や氏子など特に年配の方は「キュウリ断ち」をするようです。

京都は7月いっぱい食べないと言われていますが、もともとキュウリを食べない地方も
あるようです。

そして、江戸時代には庶民はキュウリを食べなかったという説もあるとか・・
ですが、これは説ですので分かりません。
歴史ある京都にはホントに面白い風習が多いです。

ちなみに余談ですが、最近「キュウリ」といったら「ライザップ」
思い出しませんか? 人気番組で結果にコミットのライザップに入会すると
「キュウリ」をたくさん食べる・・って放送をしていたような・・。

スポンサーリンク



リニア中央新幹線
お坊さん便
後からの追加料金がいらず 安心して法事法要時に依頼できると 好評です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加