田植え祭 松尾大社の御田祭(おんださい)

御田祭(おんださい)は2017年7月16日(日)10:00から松尾大社で行われる祭りで

御田祭の歴史は、室町時代にまでさかのぼります。
このお祭りは約600年以上続く伝統行事で、山城地方に伝わる最も古い田植え祭の姿
今に伝えており、京都市無形民俗文化財に指定されています。

桂・松尾・嵐山の氏子地域からそれぞれ1人づつ選ばれた女児3人が植女として
植え込みを行います。

この行事では、黄緑色の衣に花笠姿で、各植女が早苗・中苗・晩苗を持ち
壮夫役の父親の肩に乗り、拝殿を三周した後、授かった稲の苗束を
境内の神饌田に植え込むというイベントです。

その後は、五穀豊穣と田の害虫を防ぐ虫除け行事が予定されています。

スポンサーリンク
リニア中央新幹線
お坊さん便
後からの追加料金がいらず 安心して法事法要時に依頼できると 好評です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加