端午の節句 京都らしさ残る軒菖蒲

スポンサーリンク



京都では、端午の節句に邪気を祓うため軒に菖蒲をつるす風習が古くからあります。

最近では、昔ながらの旧家や老舗ぐらいでしか見ることができない
情景となりましたが、いかにも京都らしい風情ある光景に心が休まります。

家の中では兜は飾られているでしょうが、こいのぼりも近年では
あまり見かけなくなりました。

もともと「端午の節句」とは、今ではこどもの日という方がわかりやすいかもしれませんが、五節句という年間の五つの節句のうちのひとつで、端午(端=はじめ、午=うまという意味で5月の最初の午の日を指す言葉でしたが、午(ご)と5の音が同じだったので
5月5日を指す言葉となりました。

端午の節句自体の由来となったのは中国東州時代の頃、屈原(くつげん)という政治家が
人々から慕われていたものの国の策略により失脚し、後に川に身を投げて亡くなったのが
5月5日、悲しんだ人々は屈原を弔う為に川に供物を投げ入れましたが川の中の悪い龍に
盗まれてしまわないように龍の嫌いな楝樹の葉にもち米を包んで邪気払いの五色の糸で
結んで投げ入れたという言い伝えが元になっています。

これが粽の由来ともなっています。この風習が中国全土に伝わり
時を経て病気や厄災を除ける宮中行事となりました。

邪気払いの為に菖蒲やよもぎを使って人形を作って飾ったり
菖蒲をお風呂や酒に入れて邪気を払ったのです。
この風習が平安時代の日本へ伝わったとされています。

日本では貴族の宮中行事として行われていましたが、江戸時代に入り時代の権力者が
貴族から武士に変わると菖蒲が武を重んじる尚武という言葉と通ずることから
端午の節句は尚武の節句として武家たちに祝われるようになり、武家の男児が
世継ぎとして無事成長することを祈る行事になりました。

また刀に菖蒲の葉が似ているので兜に菖蒲を飾ったりしました。

江戸時代には幕府の行事となり男の子の健康と出世を願う行事となり
町民の間では生命力が強く、滝を登って龍になるという中国の言い伝えにちなんだ
鯉を男児の立身出世を願って節句飾りとして飾るようになりました。
これが鯉のぼりです。
昭和23年に国民の祝日に関する法律で5月5日をこどもの日として定めました。
こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日、とされています。

現在でも、こどもの日は端午の節句として男児の健康と成長を願うという行事として
定着しており、柏餅や粽を食べ、武家時代の名残の兜、鎧や厄除けの菖蒲を家の中に飾り
鯉のぼりを外に掲げてお祝いをします。

また男児にとっての初めての端午の節句を初節句として特別にお祝いしたりもします。

スポンサーリンク



リニア中央新幹線
お坊さん便
後からの追加料金がいらず 安心して法事法要時に依頼できると 好評です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加